賃貸情報で少々混乱してしまいそうな表記のアパートとマンション。この表記の違いについて紹介しました。

賃貸借契約に必要な書類とは。
賃貸借契約に必要な書類とは。

賃貸アパートとマンションの違いとは

物件を探すときに何気なく見ている不動産情報ですが、みなさんはそれらについてきちんと情報を読み取れているでしょうか。例えば賃貸物件ではアパートとマンションではどう違うのかです。この他にもコーポやハイツなどありますが、いったいどこがどのように違うのでしょうか。実は、アパートとマンションの違いにこれといった明確なものはありません。ですので、不動産情報に表記されているのは、不動産屋さんがこの物件はアパートだと思えばアパートと表記し、マンションだと思えばマンションと表記するのです。ただし、ある程度の違いや基準のようなものは既存の物件から見て取ることができます。

例えば造りに違いがあります。アパートは木造であったり軽量鉄骨造などが多いのに対して、マンションは鉄筋コンクリート造であることがほとんどです。当然、耐震・耐火面から言っても鉄筋コンクリート造の方が優れていますし、遮音性もありますのでそれほど生活音を気にしないですむのも特徴です。また、マンションにはエレベーターが付いていることがほとんどですが、アパートには付いていないことの方が多いようです。こうして見ると、マンションの方が優れた住環境であると分かります。その分家賃や管理費などは高めに設定されています。同じ賃貸物件であってもそこには高級感があるかないかという違いがあるようです。