憧れの一戸建てですが、防犯の点では不安があります。賃貸なら誰かしら居てくれるし費用の点も心配ありません。

賃貸借契約に必要な書類とは。
賃貸借契約に必要な書類とは。

賃貸、防犯にかかわる利点とは

私は一戸建てのマイホームに憧れつつも賃貸生活を続けている主婦です。50歳を目前に「そろそろマイホームも夢のままで終わりそうだ」とすっかり諦めムードが漂っています。そんな私ですが、最近一戸建ても大変だな、と思う出来事がありました。同僚の家が空き巣に狙われたのです。その人の家の周辺には一戸建てが建ち並んでいるらしいのですが、休日の留守中に裏の家の壁伝いに屋根に上った不審者が目撃されたというのです。幸い盗まれたものもなく、家が荒らされた形跡もありませんでしたが、ご主人と二人暮らしで日中は家に誰も居ないため同僚はすっかり怯えてしまったようです。

せめて防犯にとカメラを取り付けたりしたようですか、それだけでは心配で雨戸の取り付け工事も考え始めました。1階と2階の裏側4箇所に雨戸を取り付ける工事の見積もりを取ったのですが、工事費が60万円超え。もともと無いところに取り付けようとするとこんなにも金額が跳ね上がるのものかと驚きました。こうなると一戸建てを手に入れたからといって安泰とは言えません。その点賃貸なら日中自分の部屋に誰も居なくても他の部屋に誰かしら居てくれるし、空き巣も入りにくい状態だと言えます。また防犯に関しても大家さんに依頼することができます。私は賃貸でも利点があるということを今回の件で痛感したのです。

注目情報

  • 電報で自分の気持ちを伝えたい方はこちら。